生粋の道産子野郎@仮想通貨もってる?

札幌生まれ札幌育ちの25歳。生粋の道産子野郎が趣味である格闘技、仮想通貨、札幌のことについて書いていきます∩^ω^∩

プロ野球球団『横浜DeNAベイスターズ』が仮想通貨を発行か?“BAYSTARS coin(仮)”は流行るかもね

 

こんばんは。仮想通貨NANJの素晴らしさをもっと知ってほしい、生粋の道産子野郎です。

 

f:id:grappling2525:20180531223231j:image

 

プロ野球球団『横浜DeNAベイスターズ』が地域密着型の仮想通貨BAYSTARS coin(仮)”の開発に乗り出しました。

 

地域経済活性化を目標にしており、横浜スタジアムをはじめ横浜エリアで約700店舗での利用が可能になる予定。

 

ギフティ社が提供しているトップ - Welcome! STAMPがベースになります。

 

このWelcome! STANPが結構面白いサービスで、各種地域通貨(プレミアム商品券など)を電子化し、スマホさえあればWelcome!STANPが導入されている店舗で決済可能

 

ニッチなところですが、絶対に需要ありますよね。

 

いずれにせよ、決済がよりスムーズになるのは混雑を避けるためにも良いことかと。

 

これが完全に浸透すれば、ビールの売り子さんも札束を手のひらに挟めたり、お釣りを用意する必要もなくなるのでいいですね。

 

DeNAといえば野球が有名ですが、僕の世代(92年生まれ)としてはモバゲーの印象が強いです。

 

実は、モバゲーで使用することのできるモバゴールドというゲーム内通貨があるのですが、発行された当時は仮想通貨といわれていました。

 

モバゴールドが発行されたのは2008年なので、現在の仮想通貨とは全くの別物ですがw

 

DeNAの企業戦略があれば、このBAYSTARS coin(仮)が普及するのも時間の問題かも?

 

以上、生粋の道産子野郎でした!

最後まで読んでいただきありがとうございます。