生粋の道産子野郎@仮想通貨もってる?

札幌生まれ札幌育ちの25歳。生粋の道産子野郎が趣味である格闘技、仮想通貨、札幌のことについて書いていきます∩^ω^∩

NANJホルダーであるToshiさんのブログを読んで思ったことを呟いてみた。

圧倒的コミュ障、生粋の道産子野郎です。

今回は、僕と同じNANJホルダーでもありtorueホルダーでもあるToshiさんのブログを読んで思ったことを呟きます。

 

Toshiさんのこの記事について呟きます。

本当に素晴らしいので、是非読んでください。

 

 

※概要※

Toshiさんのブログは是非読んでほしい!

これはNANJに限らず、仮想通貨全般に言えること。

 

あくまで仮想通貨はブロックチェーン技術を活用した手段の一つであることを忘れてはいけない。

 

ブロックチェーン技術は既に活用され始めているけど、【仮想通貨】としては果たしてどうなんだ?ってこと。

 

仮想通貨に興味がある自分達とは違い、仮想通貨に興味がない層からしたらわざわざ仮想通貨を利用しようと思う場面は今のところ無い気がする。

 

仮想通貨の王様であるBTC(ビットコイン)の用途である決済手段としても、現段階ではクレカや電子マネーの方が早いし気軽に利用できる。

 

ましてや、ハッキング騒動等でイメージとしては最悪に近い。

 

ちょっと興味を持っても、取引所開設?秘密鍵?どうやって購入するの?って感じ。

 

国内だけで考えると、コインチェックは購入面とかではかなり分かりやすく、使いやすかった。

 

けれどハッキング騒動が起きて印象は最悪。

 

じゃあ他の国内取引所はどうか?

 

あくまでも個人的には若干複雑で初心者はとっつき辛いと思う。

 

更に、多くの人はスマホで資産を管理する。

 

その場合、秘密鍵などの知識を身につけないとスマホを失くしたり壊れただけでGOX。

 

ハッキングやスマホの紛失、故障など日常的に資産が0になるリスクがある。

 

これらの特性を踏まえて、仮想通貨は果たして信用される通貨なのか。

 

例えば1万円。あんな紙切れが何故1万円足り得るかというと、お金の価値は信用で決まっているから。

 

去年の年末は市場規模が少ない中に大口投資家が参入したからあんなバブル相場が誕生したけど、仮想通貨はまだそんなに信用されてはいない。

 

それでも、個人的にNANJ株式会社を信用しているし、これからも応援するのは変わりない。

 

実際に運営は確実に地盤を固めてくれてるし、それをホルダーはかなり盛り上げてる。

 

後は仮想通貨自体が信用されるかどうか。

※概要ここまで※

 

とまあ、長々と呟きましだが、なんかToshiさんのブログの内容から外れてる気がする、、、

言葉にするって難しい( ̄▽ ̄;)

 

以上、生粋の道産子野郎でした!