生粋の道産子野郎@仮想通貨もってる?

札幌生まれ札幌育ちの25歳。生粋の道産子野郎が趣味である格闘技、仮想通貨、札幌のことについて書いていきます∩^ω^∩

仮想通貨投資を開始してから変化したこと。

f:id:grappling2525:20181203231924j:image

仮想通貨投資を開始してから、色々とお金について学ぶようになりました。

それからというもの、休日にボーっと過ごしたりといったことをしなくなりましたね。

休日で家にいてもお金を稼ぐことができるなんて、勉強する前は思いもしなかった。

昔からお金を稼ぐ=汗水たらして働くことだと教えられてきたし、それが男としてカッコいいことだとも思っていた。

でも実際は全く違っていて、たとえ家にいても努力次第でお金を稼ぐことは出来る。

他にも仮想通貨、株、FX、トライオートETF(FX)、ソーシャルレンディング、アフィリエイトなどなど。

実際に50万円入金したけど、ロボアドバイザーなんかもいいと思う。

時間=お金という価値観になってから物事の見方が180°変わったかな。

人と遊びたいと思わなくなった(良いのか悪いのかはさておきw)

特に変化を実感したのはパチンコ屋に行きたいと思わなくなったことです。

パチンコと宝くじはハッキリ言って馬鹿がやるもの。

まあ、仮想通貨投資をやっている自分も人によっては馬鹿に変わりないのですが。

ぶっちゃけると、仮想通貨投資を開始した理由は“億り人”になりたいから。

仮想通貨投資をしている人の大半が同じ理由だと思う。

将来の為だなんだとも言えますが、ストレートに表現するとこうなりますね。

今仮想通貨市場は不況ですが、だからといって狼狽する気はさらさらない。

馬鹿だなんだと言われようが、淡々と投資していく。

自分に投資というものに出会わせてくれたのは仮想通貨であり、お金とこれからの時代を考える機会を与えてくれたのも仮想通貨だ。

ウォーレン・バフェットは仮想通貨のことを「チューリップバブルのように、投資家は悲劇にあう」と言っており、現状はこの言葉の通りである。

ただ、自分が思うにチューリップバブルの頃とは時代が違いすぎる。

仮想通貨はまだまだ終わりではないと、個人的には思っています。

 

とまあ、話しはそれましたが結局何が言いたいのかというと、これからの時代は自らが資産形成していかないと必ず後悔しますよってこと。

 

以上、生粋の道産子野郎でした!

日記みたいなブログになりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

本当に嬉しいです( ◠‿◠ )